トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


製造技術

Last-modified: 2015-01-07 (水) 09:22:25
Top / 製造技術

製造技術

厚木プラスチックの製品づくりは完全な機械化を目指したものである。
機械は良品のみを製造。人間はそのための条件設定と、段取り、そしてメンテナンスだけを担当するものとしている。
生産技術のいっそうの高度化を追求し、機械装置のインライン化とロボット化をすすめ、シートの押出しから真空成形までの工程を 一本化して、製品のコストダウンを実現。
さらに、多層押出し技術によって、バリアシート(PBPシート)などの製品を実現。
PBPというパッケージ材料は厚木プラスチックの代表的な素材である。
PBPは、ポリプロピレン樹脂にガスバリア層を入れ、空気を遮断することにより、食品の品質を常温で長期間保つ、いわば「プラスチック製の缶詰」を実現する素材である。
すでに乳製品やフルーツ、ゼリーなどの食品容器として市場に投入されている。
また、印刷の段階においても、最先端の印刷技術の導入を積極的に進めている。
印刷工程と成形工程とのインライン化も計画中である。