トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


厚木プラスチックの優れた素材

Last-modified: 2014-11-28 (金) 18:38:54
Top / 厚木プラスチックの優れた素材

厚木プラスチックの優れた技術を支える素材「熱可塑性樹脂」と「PBP」

厚木プラスチックの優れた技術を支える素材の1つが「熱可塑性樹脂」です。

「熱可塑性樹脂」とは適当な温度に加熱すると軟化して可塑性をもち,冷却すると固化する樹脂の総称で,熱を加えることにより容易に成形できるのが特徴です。

熱を加えると溶け、冷すと硬くなり、再度熱すれば溶けます。可塑性は、熱により分子運動が激しくなり柔らかくなるため、さまざまな形状にすることができます。用途は包装用フィルムからシート、コップなどの日用品から車のバンパーまで応用範囲は多岐にわたります。

もう1つの厚木プラスチックの優れた技術を支える素材が「PBP」です。

「PBP」とはポリプロピレン樹脂にガスバリア層を入れ、空気を遮断することにより、食品の品質を常温で長期間保つ、いわば「プラスチック製の缶詰」を実現する素材です

この「PBP」は、厚木プラスチック独自の多層シート押出し技術と真空成形技術の融合によって実現したものです。 すでに乳製品やフルーツ、ゼリーなどの食品容器として市場に投入されています。